依頼をお断りするケース(探偵京都)-京都の探偵興信所

 

京都の探偵、興信所でお受けできない調査について

京都の探偵、興信所でお受けできない調査について

浮気調査や盗聴器発見調査などをお考えの方だけでなく、探偵や興信所には様々なご相談が寄せられます。

身の回りのトラブルから、ご近所トラブル
所有している車への悪戯など、色んなご相談がありますが、
京都で調査を行う場合、調査といっても、どういった案件でも受けている訳ではなく、
調査の中には、お受けできないといったものもあります。


ここでは、京都の探偵、興信所で行なっていない調査についてご紹介していきます。

受けられない調査の代表的なものとして、差別に繋がるような調査があります。

差別に繋がるような調査がお受けできないといった旨は、
現在、ほとんどの京都の探偵・興信所において、HPなどに表記がされています。

差別に繋がるような調査とは、例えば、身元の調査を行いたいといった場合、出身地を調べたいといった目的の場合ですと、これは差別に繋がるとして、調査は受けてもらえません。

また、違法行為による調査も、勿論ながら受けられない形です

アリバイ工作の為に給与明細を作成して欲しい、盗聴器を仕掛けて欲しい、等といったことは一切お受けができないものです

この他にも、各探偵社、興信所で規定があり、行える調査、行えない調査がありますので、特殊な調査をお願いする場合、問い合わせの際にまずそこで受けて貰えるかどうか、を聞いてみましょう。

尚、Akai探偵-京都にてお受けできない調査としては、以下のようなものがあります。

・差別調査、差別につながる可能性のある調査。
・違法行為による調査。
・犯罪行為を幇助する調査。
・工作による復讐など、人に社会的不利益を
 与える業務。
上記の他にも、当興信所(Akai探偵-京都)では、
お受けできない調査はございますので、予めご了承の上、 特殊なケースでの調査をお考えの場合は、お電話やメールにてお問い合わせいただければと思います。


Copyright(c) 赤井探偵事務所-京都  All Rights Reserved.